【ここから本文】

泡瀬と塩 (アワセトシオ)

著者名:
石原昌淳編
著者名ヨミ:
イシハラ ショウジュン
出版者等:
沖縄製塩(株)
出版年:
1973
装丁:
27p
資料コード:
4019
棚番号:
D13
請求記号:
669-99-AS

内容

1 郷土泡瀬のうつりかわり 製塩業を中心として 2 沖縄における戦前の専売事業(塩)について 3 塩に関するはなし
1 塩と動物
2 日本における塩の歴史
3 製塩
4 塩と信仰 4 戦前の沖縄の製塩と泡瀬の製塩 5 塩ができるまで−塩田での仕事
1 散砂
2 鹹水
3 煎熬 6 戦後の泡瀬の製塩業

連想検索による関連資料

泡瀬誌 : 泡瀬復興期成会編

塩釜神社と宝物・塩・漁業 : 押木耿介編 面山千岳編

塩のはなし : 赤穂塩業資料館編

アチックミューゼアム彙報49

泊前島町誌 : 真喜志駿編

マースの話あれこれ : 仲宗根重吉

製塩序説 : 塩業組合中央会編

吉良の塩田‐幡豆郡の製塩業に関する調査報告‐ : 愛知県幡豆郡 吉良町教育委員会

鳴門の塩

講座 日本技術の社会史 2卷 : 永原慶二 山口啓二ほか編